Z77チップセットシリーズで通電後10分で再起動する場合の対処方法

更新日:2013年02月26日

Z77チップセットシリーズの商品におきまして、ACコンセントを接続して1回目の起動後、10分程度でPCが強制的に再起動する場合があります。

【対象モデル】
Z77チップセットシリーズでWindows8がプリンストールされたモデル
※Windows7がプリインストールされたモデルではこの問題は発生しません。
※製造時期によって異なります。この問題が発生しない場合は本修正プログラムを適用する必要は有りません。

【原因】
BIOSの設計上、Windows8の終了後にAC電源の通電を遮断した際、次回起動時の約10分後に 自己診断プロセスが発動し自動的にリセットを行う仕様となっていました。

【手順】
Z77モデルBIOSアップデート手順書20130312-01s.pdf」をご参照ください。
※作業中は内容が最後まで確認出来るように、印刷されるか他のPCで閲覧しながらの作業をおすすめ致します。


【修正プログラム】
FIX_FILE.zip」をダウンロードし、デスクトップ上などに展開してください。
なお、手順書の内容が不明もしくはお客様での作業が困難な場合は、弊社コールセンターまでご連絡の上、修理をご依頼ください。