FRNVシリーズ(2013年モデル)で高速化の設定ができない場合がある

更新日:2014年2月17日

【対象機種】

・弊社が2013年に販売したFRNVシリーズ


【発生する症状】

・Windows 8の再インストール後、「インテル®ラピッド・ストレージ・テクノロジー」で高速化の設定をすると、エラーメッセージが表示されて、設定ができない場合がある。


【原因】

・ハードディスク上に、高速化を設定する際に必要な空き領域が無い為に発生します。


【改善方法】

以下の手順で作業を行います。
1.「ディスク管理」でハードディスク上に10MBの空き領域を作成します。
2.「インテル®ラピッド・ストレージ・テクノロジー」で高速化の設定を行います。


【空き領域の確保】

  • スタート画面で「Windows」キーと「X」キーを同時に押して、
    画面左下に表示されたメニューの「ディスク管理(K)」を選択します。

  • 「コンピューターの管理」画面が表示されますので、「Windows (C:)」を右クリックします。

  • 表示されたメニューの「ボリュームの縮小(H)」をクリックします。

  • 「C:の縮小」画面が表示されます。
    「縮小する領域のサイズ(MB)(E):」に「10」と入力して「縮小(S)」ボタンをクリックします。

  • 「ディスク1」に10MBの未割り当て領域ができれば、空き領域の確保作業は終了です。

  • 引き続き、高速化の設定作業を行います。

【高速化の設定】

  • 「インテル®ラピッド・ストレージ・テクノロジー」を起動させます。
    スタート画面の下側で右クリックして、「アプリ・バー」を表示させて、右下の「すべてのアプリ」アイコンをクリックします。

  • 「アプリ」ビューが表示されますので、「インテル®ラピッド・ストレージ・テクノロジー」をクリックします。
    「ユーザーアカウント制御」が表示された場合には、「はい(Y)」ボタンをクリックしてください。

  • 写真赤枠部分の「高速の有効」をクリックします。

  • 表示された設定のままで「OK」ボタンをクリックします。

  • 写真赤枠部分の様に表示が変更されれば作業は終了です。