Windows 7 アップロード Windows 7 詳細情報
Windows 7 PCを簡単に 最適なWindows7を選択する Windows7にアップグレードする
日常的な作業を簡単に
Windows® 7 なら、日常的な作業をより短時間で簡単に実行できます。 少ないクリック数で操作でき、検索速度も向上するほか、Web の閲覧や接続も簡単になり、これまでより少ない手間で目的の作業を実行できます。
優れた操作性
より簡単で合理的な操作で、作業をすばやく、無駄なく完了できます。
簡単な Web の閲覧
Internet Explorer® 8 では、Web をこれまでよりも迅速かつ簡単に閲覧できます。
簡単な接続
ホーム ネットワークの複数の PC 間でプリンターやドキュメントを簡単に共有できます。
また、外出先からも今まで以上に簡単に接続できます。
充実したコミュニケーション/共有機能
Windows 7 と Windows Live を使用すると、コミュニケーションと共有を簡単に行うことができます。 Windows Live おすすめパックに含まれている Windows Live メール、Windows Live Messenger、および Windows Live フォト ギャラリーを使うことで、電子メールの管理、IM の使用、および写真やビデオの編集や共有がより簡単になります。

思いどおりの動作
Windows® 7 は、PC のパフォーマンスを高めることで、処理速度、安全性、および信頼性を向上するように設計されています。 Windows 7 を搭載した PC は、お客様の思いどおりに動作します。
処理速度と信頼性が向上
Windows® 7 は、PC の信頼性および応答性を向上するように設計されています。
安全性が向上
セキュリティが強化され、PC とプライバシーの保護を促進します。
優れた互換性
さまざまな Windows® XP 生産性アプリケーションを実行でき、
思いどおりに PC をカスタマイズできます。

新しいことを可能に
Windows® 7 があれば、PC の簡単で刺激的な新しい楽しみ方や作業方法が見つかります。
メディア機能
テレビや写真、音楽、ビデオなど、PC をさまざまな用途で、自宅でも外出先からでも利用できます。
どこからでも作業可能
Windows® 7 なら、わずか数回のクリックで、Wi-Fi、ブロードバンド、ダイヤルアップ、
VPN などの利用可能なネットワークを確認し、接続できます。
新しい操作機能
Windows® 7 なら、タッチ スクリーン付き PC をより簡単に、直感的に使用できます。
ターボ スクロールなどの新機能によって、お気に入りの番組を すばやく見つけることができます。

できるオンラインFAQ
「できるオンラインFAQ Windows 7編」はWindows 7の使い方をQ&A形式で解説したコンテンツです。

XP → Windows 7 へのアップグレードチュートリアル
XPからWindows 7 へのアップグレードチュートリアルを確認する場合は、
こちらの参照サイトをご確認ください。

Vista → Windows 7 へのアップグレードチュートリアル
VistaからWindows 7 へのアップグレードチュートリアルを確認する場合は、
こちらの参照サイトをご確認ください。
Windows Media Center DVR 機能
追加のハードウェアが必要な場合があります。 一部の国では利用できません。

Windows Media Center Internet TV インターネット アクセスが必要です。 Internet TV の無料コンテンツは地域によって異なります。
一部のコンテンツは追加料金が必要となる場合があります。

Windows XP モード
Windows XP モードを利用するには、(Windows 7 Professional または Ultimate で実行する) Windows XP モードを OEM プレインストールまたは購入後にインストールする必要があります。また、Windows Virtual PC などの仮想化テクノロジも必要となります。
Windows XP モードと Windows Virtual PC は共に、http://www.windows.com/business/downloads からダウンロードできます。 システム要件の詳細については、http://www.microsoft.com/virtual-pc を参照してください。
Windows XP からアップグレードする場合は、ファイルおよび設定をバックアップし、クリーン インストールを実行した後、既存のファイル、設定、およびプログラムを再インストールする必要があります。
詳細については、http://windows.microsoft.com/upgrade を参照してください。
このバージョンの Windows は Windows Vista 用のアップグレードとして設計されています。
Windows XP からアップグレードする場合は、ファイルおよび設定をバックアップし、クリーン インストールを実行した後、既存のファイル、設定、およびプログラムを再インストールする必要があります。 詳細については、http://windows.microsoft.com/upgrade を参照してください。

Windows® 7 システム要件:
1 GHz 以上の 32 ビット (x86) または 64 ビット (x64) プロセッサ 1 GB の RAM (32 ビットの場合) または 2 GB の RAM (64 ビットの場合) 16 GB (32 ビットの場合) または 20 GB (64 ビットの場合) の使用可能なディスク領域 WDDM 1.0 以上のドライバーで動作する DirectX® 9 対応グラフィック プロセッサ
Windows 7 Upgrade Advisor を使用すると、ご利用のコンピューターで実行できる Windows 7 の機能とエディションを確認できます。詳細については、windows.microsoft.com/upgradeadvisor を参照してください。

特定の機能を使用するための追加の要件:
インターネット アクセス (利用料が必要な場合があります)。
解像度によっては、ビデオの再生に追加のメモリと高度なグラフィック ソフトウェアが必要な場合があります。
WindowsR Media Center のいくつかの機能には、TV チューナーと追加のハードウェアが必要な場合があります。
Windows Touch および Windows Tablet には、特定のハードウェアが必要です。
ホームグループには、ネットワークと Windows 7 を搭載した PC が必要です。
DVD または CD の作成には、互換性のある光学式ドライブが必要です。
BitLocker™ には TPM1.2 が必要です。BitLocker™ To Go には USB フラッシュ ドライブが必要です。
音楽とサウンドには、オーディオ出力が必要です。
Windows XP モードには、次のものが必要です。

追加で 1 GB の RAM 追加で 15 GB 使用可能なディスク領域 Intel VT または AMD-V が実装されたハードウェア仮想化対応プロセッサ

製品の機能とグラフィックは、システム構成によって異なる可能性があります。
一部の機能では、より高度なハードウェアや追加のハードウェアが必要になる場合があります。詳細については、http://windows.microsoft.com/systemrequirements を参照してください。

以前のバージョンの Windows の機能の中には、Windows 7 に搭載されていないものもあります。
ただし、download.live.com から無償で Windows Live™ おすすめパックをダウンロードすることで、Windows Live™ メール、フォト ギャラリー、Messenger、およびムービー メーカーと同様のプログラムを入手できます。