できるオンラインFAQ
Windows 7編 このサイトの使い方

トップ > メール
Q

メールに添付されているファイルが開けない

A

信頼できる相手からのメールであれば、ウイルス防止の機能を無効にしてから添付ファイルを開きます

メールの添付ファイルは、コンピューターウイルスが広がっていく経路として、セキュリティ上の注意が必要です。このためWindows Live メールには、添付されているファイルにウイルスが組み込まれている可能性がある場合に、その添付ファイルを保存したり、開いたりできなくする機能があります。[セキュリティのオプション]ダイアログボックスの[セキュリティ]タブで[ウイルスの可能性がある添付ファイルを保存したり開いたりしない]にチェックマークが付いていれば、この機能が有効になっています。差出人が信頼できる相手であると確認できれば、この機能を一時的に無効にして添付ファイルを開きましょう。なお、あとから機能を有効にし直すのを忘れないようにしてください。


[ウイルスの可能性がある添付ファイルを保存したり開いたりしない]機能を無効にするには、[メニュー]をクリックして[セキュリティのオプション]をクリックします。


[セキュリティ]タブをクリックし、[ウイルスの可能性がある添付ファイルを保存したり開いたりしない]のチェックマークをはずして[OK]をクリックします。


このページのトップへ
<< メールアドレスは正しいのに、メールが届かない 受信したメールのヘッダーを確認したい >>