Twitter公式ナビゲーター ツイナビ

FRONTIERがオススメするカスタマイズ

受注生産のFRONTIERだから実現できるBTOパソコン。その最大の魅力は何といっても用途や予算に応じで自由自在にカスタマイズできることです。そこで、カスタマイズのコツとおすすめポイントをご紹介します。

グラフィックカード

グラフィックカードとは?
グラフィックカードとは、画像処理を専門に行うパーツです。昔はCPUに描画機能がなく、必ずグラフィックカードを搭載する必要がありましたが、現在は多くのCPUに内蔵されていますので必須のパーツではなくなりました。しかし、専用パーツと内蔵パーツでは大きな性能差があるのも事実です。 グラフィックカードは、主に「3Dグラフィック」の表示に力を発揮し、3DCGを駆使したゲームをコマ落ちせず滑らかな動きで楽しむためには、必須のパーツであると言えます。 ほかにも、動画編集や写真加工をサポートしたり、パソコンに複数のモニタを接続する場合も大きな力を発揮します。
性能の決め手
グラフィックカード性能を示すクロック数は、グラフィックカードのCPUとも言える「GPU」のクロック数を表します。このクロック数は、「MHz(メガヘルツ)」の単位で表現され、数値が大きいほど高性能です。 また、グラフィックカードには専用のメモリがあり、パソコン内のメモリと同じようにグラフィック処理に必要なデータを一時保存する場所でビデオメモリ(VRAM)と呼びます。ビデオメモリが不足すると色が抜けおちたり、表示されない箇所が発生するため、ビデオメモリが多いほど大きなデータを必要とする3D画像などを滑らかに描画できると言えます。そのため、グラフィックカードをカスタマイズする場合は、利用するアプリケーションや、遊戯したいゲームタイトルの「動作推奨環境」を参考に選ぶことをおすすめします。
カスタマイズ方法
ご希望商品の[カスタマイズ・お見積り]ボタンをクリックしてカスタマイズ画面を表示します。
次に、画面右下の[グラフィック]をクリックし、ご希望容量のグラフィックカードを選択してください。

※画面はサンプル画面のため、選択項目やカスタマイズ価格は商品により異なります。
※モデルによりカスタマイズできない場合がございます。

開催中のお得なキャンペーン