Twitter公式ナビゲーター ツイナビ

FRONTIERがオススメするカスタマイズ

受注生産のFRONTIERだから実現できるBTOパソコン。その最大の魅力は何といっても用途や予算に応じで自由自在にカスタマイズできることです。そこで、カスタマイズのコツとおすすめポイントをご紹介します。

CPU

CPUとは?
CPUは、「Central Processing Unit」の略で、全体の処理や計算を行う、頭脳といえる部分です。
CPUの性能がパソコンの性能を大きく左右します。キーボードなどの入力装置や、ハードディスクなどの記憶装置からデータを受け取り、処理や計算、加工を行い、ディスプレイに表示したり、プリンターなどの周辺機器に出力する役割を担います。
CPUの性能を左右するポイント
CPUは、コア数/スレッド数、動作周波数の数値が高いほど処理能力が高くなります。
  1. 1. コア数/スレッド数
  2. 「コア」とは、実際に処理を行うCPUの中心部分です。コアが2つのものは「デュアルコア」、コアが4つのものは「クアッドコア」とよばれ、複数のコアを持つCPUは、それぞれのコアで分担して作業できますので、作業効率があがり、処理が速くなるといえます。
    「スレッド数」は1つのコアで同時に行える作業の数で、1つのコアで最大2つの作業を行うことが可能です。
     例:4コア/8スレッドのCPUの場合の処理できる最大数:8
  3. 2.動作周波数(クロック数)
  4. クロック数とは、CPU名の後ろに表記されている「GHz(ギガヘルツ)」という単位で表現されます。1GHzのCPUは1秒間に10億回の動作をしますので、このクロック数が大きい程、処理が速いといえます。自動OC機能(TurboBoost)対応モデルは、必要時にコアの周波数を引き上げられます。
ターボブースト・テクノロジーとは?

CPUにかかる負荷や発熱の状況に応じて動作クロックを変化させるインテルCore i シリーズの代表的な機能のひとつです。 例えば、4つのコアを持つCPUを搭載していてもアプリケーション側が1つのコアの動作にしか対応していなければ3つのコアが無駄になってしまいます。そこで、使わない3つのコアは休ませて、1つのコアに力を集中することで、1コアの処理能力を大幅に向上させることができます。

⇒ 用途ごとのおすすめCPUはこちら
⇒ デスクトップパソコン ラインナップ
⇒ ノートパソコン ラインナップ
カスタマイズ方法
ご希望商品の[カスタマイズ・お見積り]ボタンをクリックしてカスタマイズ画面を表示します。 CPUの欄にて、ご希望のCPUを選択してください。

※画面はサンプル画面のため、選択項目やカスタマイズ価格は商品により異なります。
※モデルによりカスタマイズできない場合がございます。

開催中のお得なキャンペーン