1. トップ> 教えて!FRONTIER
  2. 教えて!FRONTIER第12回 液晶一体型パソコンの魅力とは

教えて!FRONTIER第12回

液晶一体型パソコンの魅力とは

[2015年1月9日更新]

液晶一体型パソコン

「液晶一体型パソコン」 それは読んで字のごとく、パソコン本体と液晶(モニタ)が一体となったパソコンを指す言葉です。世の中には「オールインワン」と呼ばれる製品もありますが、決定的な違いは一体型キーボードの有無。「液晶一体型パソコン」はキーボードを専用としないことで選択の自由度を高めています。
さて、それでは「液晶一体型パソコン」の魅力に迫りましょう。

魅力1  なんといっても省スペース

一般的なデスクトップパソコンは最小構成であっても、パソコン本体・液晶(モニタ)・キーボード・マウスを必要とします。特にパソコン本体と液晶は複数のケーブルで接続する必要があり、ケーブルを含めると意外と場所をとるものです。でも「液晶一体型パソコン」なら大丈夫。パソコン本体と液晶は内部で接続されているので背面もすっきり。シンプルに設置することができます。

魅力2  キーボード・マウスが自由に選択できます

あえてキーボード・マウスを専用としていないために、お気に入りのキーボードやマウスを自由にチョイスすることができます。キーボードやマウスはパソコンの部品の中で、触れる時間が最も長いデバイスです。お気に入りの一品をチョイスできるのは重要なポイントです。

魅力3  大きな液晶(モニタ)

ノートパソコンの液晶(モニタ)は 15.6 インチが主流です。ところが「液晶一体型パソコン」の液晶(モニタ)は 19 インチ以上と、より見やすくなっています。いうまでもなく、液晶(モニタ)はパソコンに必要不可欠なもの。見やすい大きな画面は魅力です。
そのほかにも、魅力がいっぱい。
是非、あなたも「液晶一体型パソコン」に触れてみませんか。

ここがオススメ  ACシリーズ(液晶一体型パソコン)をご紹介します。

  液晶(モニタ)を一体型にすることにより、大幅な省スペースを実現しました

ノートパソコンよりも大画面で、デスクトップパソコンよりも省スペース!
※本体サイズ:幅:約484mm×高さ:約335mm×奥行:約38mm

  省スペースでも大きな画面

省スペースでも 19.5 インチを採用しています。一般的なノートパソコンと画面の大きさを比較しました。1600 × 900 の表示領域を備えた高解像度液晶パネルの採用で、より広範囲を一度に表示できます。

  省スペースでも、十分なパフォーマンスを発揮します

ノートパソコンは重たい。普段の外出はスマートフォンだけ。 パソコンは、自宅でのインターネット閲覧やネット動画の観賞(※ 1)、E-Mail のやり取りがメインで、時々、ワードやエクセル等で書類の編集や作成をするという方へおすすめです。
・内蔵ステレオスピーカー(2W × 2)を標準搭載
・SSD とHDD の同時搭載が選択可能。mSATA ポート搭載で SSD+HDD の環境を構築できます。

オススメの構成

CPUIntel® Celeron® プロセッサー J1800 (2.41GHz)を搭載
※最新 BayTraill シリーズの 2 コア/2 スレッドの CPU を採用しました。
SSD / HDDシステム用:120GB SSD / データ用:500GB HDD
メモリ8GB(最大搭載可能容量)
メモリは最大の 8GB を搭載することで、複数のウインドウを開いても快適に動作します。
OSWindows 7 / Windows 8.1 の Professional / Pro シリーズの OS 選択が可能で、ビジネス環境にもお勧めです。
ネットワーク 高速インターネット対応
※ ギガビット イーサネット対応の有線 LAN ポートを搭載しました。
USBUSB3.0 を4ポート採用し、高速データ転送と高い拡張性を確保しました。
カードリーダーSD(SDXC 対応※ 2 ※ 3・MMC・MS)対応カードリーダーを搭載しました。
マイク搭載内蔵マイク(モノラル) x2
  • ※ 1:データによっては再生できないことやコマ落ちする場合があります。
  • ※ 2:高速転送規格「UHS-I SDR104」には対応しておりません。
  • ※ 3:microSD・miniSD の利用には、別途アダプターが必要です。