1. トップ
  2. Intel Optane メモリ 搭載PC

高速!Intel Optane メモリ

「Optane(オプテイン) メモリ」は、マザーボードの「M.2」スロットに接続し、ハードディスク(以下HDD)のキャッシュとして使用することで読み込み速度をSSD並みに速くする効果があります。
SSDよりも安価で大容量の高速ストレージを使用することが可能です。そのためビジネス現場でのOfficeソフトの高速起動化や動画編集の大容量メディアファイルの展開に高いパフォーマンスを発揮します。SSDだとすぐに容量が埋まってしまう数十GBのゲームも大容量のHDDだと多く保存でき、SSD並みの速度でゲームプレイを楽しめます。

「M.2 NVMe SSD」の一種

「Optane メモリ」は、フォームファクターに「M.2」、接続インターフェイスに「PCI Express 3.0 x2」、通信プロトコルに「NVM Express(NVMe)」を用いた、いわゆる「M.2 NVMe SSD」の一種です。記憶素子にはIntelとMicronが共同開発した新メモリ「3D Xpoint(スリーディークロスポイント)」という、従来のNANDフラッシュよりも安価でかつ低レイテンシ、高耐久の不揮発性メモリを使っています。

ベンチマークスコア比較

ストレージ用のベンチマークソフトウェア「CrystalDiskMark(クリスタルディスクマーク)」でベンチマークを測定しました。「Seq Q32T1」のスコアで見ると、Optaneメモリとハードディスクを併せて搭載した場合(Optaneメモリ + HDD)は、ハードディスクを単体で搭載した場合(HDD単体)よりも、読み込み速度(Read)が約10倍、書き込み速度(Write)が約3倍も早くなりました。また「SATA SSD」を搭載した場合よりも、読み込み(Read)が約2.5倍も早くなることが測定結果から分かります。

測定条件:Core i7-7567U / メモリ 8GB
※本スコアはテスト機体での結果です。スコアは仕様や環境によって異なります。※MB/s(MB/秒)とは、1秒間に読み込み、または書き込みできるデータ量のこと。結果の数字が大きいほどパフォーマンスが高いといえます。

Optaneメモリ + HDD

HDD単体

SATA SSD

LINE UP

【GHシリーズ】GTX1050搭載
インテル Core i7-9700K (3.60GHz / 12MB)
NVIDIA GeForce GTX1050
16GB メモリ
32GB Intel Optane Memory
[HDD] 1TB
600W電源 80PLUS BRONZE【日本製コンデンサ仕様】
幅:約210mm x 高さ:約453mm x 奥行:約465mm
WEB限定価格 152,800円(税抜)
【GRシリーズ】GTX1060(6GB)搭載
インテル Core i7-9700K (3.60GHz / 12MB)
NVIDIA GeForce GTX1060 6GB
16GB メモリ
32GB Intel Optane Memory
[HDD] 2TB
600W電源 80PLUS BRONZE【日本製コンデンサ仕様】
幅:約228mm x 高さ:約481mm x 奥行:約508mm
WEB限定価格 174,800円(税抜)
【GBシリーズ】GTX1060(6GB)搭載
インテル Core i7-9700K (3.60GHz / 12MB)
NVIDIA GeForce GTX1060 6GB
16GB メモリ
32GB Intel Optane Memory
[HDD] 3TB
850W電源 80PLUS GOLD【日本製コンデンサ仕様】
幅:約234mm x 高さ:約533mm x 奥行:約558mm
WEB限定価格 184,800円(税抜)

絶賛、開催中!お得なキャンペーン