FRONTIER
できるオンラインFAQ ~Windows 7編~ このサイトの使い方

トップ > 標準アプリケーション
Q

古いパソコンにWindows転送ツールがなくても、Windows転送ツールは使える?

A

新しいパソコンから古いパソコンにWindows転送ツールをインストールすれば使えます

古いパソコンにWindows転送ツールがない場合は、新しいパソコンから、Windows転送ツールを古いパソコンにインストールする準備をします。準備が整ったら、古いパソコンにWindows転送ツールをインストールします。
ここでは、外付けハードディスクを使って、古いパソコンにWindows転送ツールをインストールする手順を紹介します。


新しいパソコンに外付けハードディスクをセットし、管理者としてログオンします。[スタート]メニューの検索ボックスに「転送ツール」と入力し、検索結果から[Windows転送ツール]をクリックします。


Windows転送ツールが起動します。[次へ]をクリックします。


[外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ]をクリックします。


[これは新しいコンピューターです]をクリックします。


[いいえ]をクリックします。


[ここでインストールする必要があります]をクリックします。


[外付けハードディスクまたは共有ネットワークフォルダー]をクリックします。


外付けハードディスクのドライブを選択し、[OK]をクリックします。


外付けハードディスクにWindows転送ツールがコピーされます。コピーが完了したら、[×]をクリックしてウィンドウを閉じ、外付けハードディスクを取りはずします。


古いパソコンに外付けハードディスクを接続して、エクスプローラーで外付けハードディスクを開き、[Windows転送ツール]をダブルクリックします。


Windows転送ツールが起動します。[ユーザーアカウント制御]ダイアログボックスが表示された場合は、[続行]をクリックします。[次へ]をクリックします。


[外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ]を選択します。


[これは今までのコンピューターです]を選択し、画面の指示に従って操作すると、古いパソコンにWindows転送ツールをインストールできます。


このページのトップへ
<< Windows転送ツールを使って、外付けハードディスクに保存した古いパソコンのデータを、新しいパソコンにコピーしたい
開催中のお得なキャンペーン